立憲民主党|福岡市議会議員 成瀬穫美 \南区からボトムアップの市政を/

日々思う

女性の貧困問題の根底にはジェンダー意識が

ホームレス支援をしているボランティアのみなさんと一緒に数回、夜の福岡の街を歩きました。   そこで出会った彼女たち。その姿を見ていると、心がざわざわと痛いんです。どんなに無視されても、振り回されてもほっとけない気持ちにな…

続きを読む

憲法記念日に寄せて

今日は憲法記念日。 1947年5月3日に日本国憲法が施行されて74年。   この日に際して、コロナ禍の今、深刻に感じているのが、第25条の生存権です。最低限度の生活を営む権利がこの国で本当に守られているのでしょうか。  …

続きを読む

市役所食堂は災害対策本部に

市役所15階の職員食堂が、3月末で閉店しました。一般の方のご利用も多く、知らずに来られる方も多いのか、エレベーターホールに案内板が出されるほど。 32年間、営業されたんだとか。おつかれさまでした。   2週間たって、今、…

続きを読む

あの日から10年

あの日から10年を迎えました。   その年の2月まで、関東で暮らしていました。 あの日、テレビに映し出された光景は忘れることがありません。 数週間前まで生活していた街で、火災が起きました。職場のすぐ近くのビルのガラスが散…

続きを読む

春がそこまで

今日は町内のお掃除日。 お掃除の合間にふと見上げると、桜のつぼみが開花の準備をしていました。   春はもうそこまで。 コロナ収束もそこまで!となればいいけれど。福岡県は、緊急事態宣言は明けたとはいえ、リバウンドの危険性も…

続きを読む

はたらく女性の全国センター 定期大会

土曜日の午後。 リアルでインターンシップの対応とムスメの相手をしながら、電話相談にも応じ、オンラインで2つの会議を掛け持ちするという荒技をこなし(いや、本当はこなせていない)、今日が終わりました。   オンラインで参加し…

続きを読む

くらし相談で感じる制度のわかりにくさ

コロナでのくらし相談を受けていて制度のおかしさを感じます。 たとえば、「休業支援金・給付金」について(これ、ネーミングも不自然。まるで2種類の制度があるように感じる)。   ダブルワークなどで複数の事業所で働いている場合…

続きを読む

福岡市の制服を考える会が要望書を提出しました

本日、福岡市の制服を考える会が、福岡市長・教育長宛に校則に関する要望書を提出しました。 私も「NPO法人ジェンダー平等福岡市民の会」「ワーキング・ウィメンズ・ヴォイス」の一員として賛同しました。   理不尽な校則、いろい…

続きを読む

団地の階段を往復して

「なぜ山に登るのか?」という問いに「そこに山があるから」と答えた登山家の言葉は有名。   今日の私は「そこに団地があるから」昇ってみた。 「市議会定期便」を片手に、エレベーターなしの団地を5階まで往復すること40回! 1…

続きを読む

「あなたのまちの議員は何回質問していますか?」

選挙応援のため、17日は北九州市へ。西日本新聞のご当地でしか読めない北九州地域版に「任期中の質問回数調べてみた」という興味深い記事が~。 記事に「あなたのまちの議員は何回質問している?」との問いかけがあったので、内部事情…

続きを読む