立憲民主党|福岡市議会議員 成瀬穫美 \南区からボトムアップの市政を/

最高裁、夫婦別姓を再び認めず

6月24日の各紙朝刊。
前日の最高裁の判決を受けて、「夫婦別姓 再び認めず」の記事。
 
やはり、民法が変わらない限り、司法では決着つかないと思われます。
 
当事者の思いはもういやというくらい発信されています。
世論も「選択的」であることに違和感を感じない人が多くなっています。
日本の規定が国際的にも特殊であることも明らかになっています。
 
もう、待てないのが本音。
となると、政権を変える以外にはありません。
私は、選択的夫婦別姓を求める当事者であると同時に、それの実現を目指す党の議員です。誰もが自分らしく生きることができる社会を作っていくために、私たちは選択的夫婦別姓を目指します!