立憲民主党|福岡市議会議員 成瀬穫美 \南区からボトムアップの市政を/

新型コロナウイルス感染症にかかる福岡市ならではの対策を求める要請

4月23日。3月から数えて、3回目となる要請をいたしました。
分からない中で試行錯誤していた時期は過ぎて、他都市の状況や科学的なことも少しずつ分かりはじめました。
市としても確固たる政策を打ち出し、事態の収束を目指していただきたいとの願いをこめて、会派より中長期の対策を見据えた更なる要望書を市長(副市長が代理で受け取っていただきました)に提出しました。

収束後は元の生活に戻るというよりも、社会の価値観もきっと変わります、いや、変えなければならないと思っています。

引き続き、市民の声を集めています。
新しい未来を作る準備をご一緒に!

申し入れ(全文)はこちら020.4.23_新型コロナウイルス対策の申入