立憲民主党|福岡市議会議員 成瀬穫美 \南区からボトムアップの市政を/

新型コロナウイルス感染症にかかる福岡市ならではの対策を求める要請

4月14日、福岡市民クラブ(立憲民主党・国民民主党・社会民主党に所属する福岡市議の共同会派)より市長と教育長に対して「新型コロナウイルス感染症にかかる福岡市ならではの対策を求める要請」を提出しました。

提出にあたっては、概ね4月10日までに届いた多くの皆様の声を、「新型コロナウイルス感染症に関する声」「学校休業等に係る教育・子育分野に関する声」「外出自粛等に伴う経済への影響に関する声」の3項目に整理し、提言につなぎました。

急を要する要請だったため、今回の申し入れは、第1弾と考えており、4月10日以降に届いた声も、4月30日から始まる臨時議会や6月の定例議会においての議論の中に盛り込んでいく考えです。

成瀬えみ市政の窓口においても、引き続き、皆様の生活や仕事の不安や不便さをお伺いしております。

2020.4.14新型コロナウイルス対策の申入れ

20200414_コロナ関連_市民の声まとめ
※ご意見の記載にあたって個人が特定されないよう、一部の表現に加工したものもあります。ご容赦ください。